飲むヒアルロン酸がある。

しっとりと保湿たっぷりのお肌になるために欠かせない成分の一つがヒアルロン酸と言われています。

保湿を目的とした化粧品には、このヒアルロン酸の成分がたっぷり使われていますが、本来は自分の身体で作り出すものなのです。

最近ではヒアルロン酸のサプリメントが数多く販売されていますが、このヒアルロン酸は自然の食品からも摂取できるのをご存じですか。

ヒアルロン酸はヌルヌルしていてネバネバしている食材に多く含まれていると言われています。

ヒアルロン酸を多く含有するものは「ムコ多糖類」と呼ばれる物質です。

ムコ多糖類は、ヌルヌルしていてネバネバしているのが特徴の物質です。

動物性の食品では、鶏の軟骨や手羽そして豚の足などに多く含まれています。

魚では鮭やヒラメやカレイ、そして魚の目玉やフカのヒレ、などに多く含まれます。

食物性のものでは、山芋、レンコン、オクラ、納豆、もずく、などのヌルヌル、ネバネバした食品に多く含まれています。

これらの食品を食べると、体内で分解された後、ヒアルロン酸が合成されます。

ただし、食品に含まれるヒアルロン酸は、高分子のために体内で吸収されにくいと言われています。

だから一番、効率的にヒアルロン酸の効果を得たいのであれば、吸収されやすい低分子のヒアルロン酸を摂取することがポイントとなってきます。

今、このヒアルロン酸を手軽に摂取できる飲むヒアルロン酸というサプリも販売されていますから、こういったものを利用してヒアルロン酸の潤い効果を実感してみるのも良い方法です。